RENOVATION

水廻りリフォームの裏事情

水廻りリフォームの本来の目的といいますか、辛い現実の話なのですが、何か水関係でトラブルがあると水道屋さんを呼んで修理や応急処置をしてもらうと思うのですが、業者側からしたら応急処置では売上が低いので本音では修理というよりも取り替えに持っていきたいというのが狙いとしてあります。これは私の予想でもなければ、誰かからの噂でもありません。
過去に私はこういった水道屋さんの求人に応募して会社説明会と面接を受けた事があるのです。そうした所どんな物でも当然といえば当然なのですが物には寿命というものが存在し、一度壊れてしまった物はまた壊れやすくできているという事なのです。その年数は10年が目安との事で、それ以上年数が経っていると壊れやすいので交換した方が良いですよという方向に持って行って下さいと言われました。商品としてもずっと使われてしまうと売上が上がらないので、大体10年程度で調子が悪くなる様にできているというのです。
自分でそんなに水まわり商品を購入する機会があまり無いので意識していなかったのですが、そんな10年程度で水廻りの商品が壊れるものなのでしょうか。確かに洗濯機等は10年も使用すればかなりボロボロになってしまうとは思いますが、トイレやお風呂等がそんな頻度で壊れてしまうとお金がいくらあっても足りないですよね。
何か知りたくなかった裏事情でした。

article

水廻りリフォームの裏事情

水廻りリフォームの本来の目的といいますか、辛い現実の話なのですが、何か水関係でトラブルがあると水道屋さんを呼んで修理や応急処置をしてもらうと思…

もっと読む

トイレをリフォームしたくなる時

トイレという空間は、家族のだれもが利用するものです。したがって、家の中でも、特にこだわりを感じる人が多いでしょう。そして、ちょっとしたことが気…

もっと読む

トイレリフォームにおいて製品選びと工事費用

トイレをきれいにしたいので工事をお願いしたいというトイレリフォームにおいて、どのような便器を購入するかということはとても重要になります。トイレ…

もっと読む

キッチンのリフォームしてみたいな!

我が家のマンションは、購入してから、もうじき15年が立ちます。あっという間に過ぎた15年ですが、このマンションもやはり、古くなってきました。い…

もっと読む